これが機械式時計の魅力だ!伝統が持つ存在感

機械式時計はこんな時計です

機械式時計は、ゼンマイを動力としている時計です。時計としては原始的な形式で、現在は主流ではありません。また、職人による手造りの品もあり、流通量も豊富とはいえません。ゼンマイを巻く操作をしないと停止してしまうため、使い続けるには手間がかかる品ともいえます。しかし希少価値があるところや、手でゼンマイを巻く操作にファッション的な価値が見出されており、現在も一流の存在感を持つ時計といえます。今も国内外に機械式時計のメーカーがあります。

世界で愛される機械式時計メーカー

機械式時計で有名なメーカー(ブランド)は世界に多数あります。そのほとんどが高級時計メーカーとして知られており、世界中に熱烈な愛好者がいます。有名メーカーをいくつか紹介すると、ロレックスやオメガの名前がよくあがります。パテックフィリップ、カルティエなども知られています。これらのメーカーが販売する機械式時計はかなり高額ですが、日本メーカーのセイコーやオリエントから発売されている品は比較的購入しやすい価格設定になっています。

長く使うために整備も必要

機械式時計を使い続けるには、ゼンマイを巻く操作が日常的に必要です。また、時計は精密な構造なので、落としたりぶつけたりして衝撃を与えないように丁寧に扱ってください。さらに、定期的なオーバーホールも必要です。これは時計店に依頼して作業してもらう整備で、時計をすべて分解し、清掃や注油をして再び組み立てます。このとき、故障したり摩耗した部品があると交換してもらえますが、別料金になります。このオーバーホールを数年に一度のペースで行うことが、末永く時計を使うポイントになりますよ。

ブライダルリングは一生の記念になるような品質の高いものを予算に合わせて贈ることで思い出にも残って良いといえます。